肌トラブル Archives | 子どもの肌トラブル 新宿編

HOME » 肌トラブル

肌トラブル

子供の肌トラブルなら皮膚科

子供の肌は敏感

子供の肌は大人に比べて、とても敏感でデリケートなものとなっています。
大人はある程度の乾燥でも肌が耐えられるようになっているのですが、子供はそうもいかず肌が乾燥してカサカサになってしまうことも多々あります。
そこをしっかりと見ておかないと、子供の肌トラブルを避けることができません。
また、子供は体質の変化にも弱いため、それらが原因で肌に出てしまうこともあります。
肌をそのままにしていると、将来肌も綺麗とは言えない大人になってしまうかも。
それを避けるためにも、子供の肌トラブルはすぐに相談するようにしましょう。
医療機関では子供の肌トラブルにも対応しているところは多いです。
診察時間も朝から晩までなので、忙しい人でも連れて行ってあげることができるはずです。

Click≫ 『子供の肌トラブルなら皮膚科』

幼児の皮膚科の診察と治療

幼児の皮膚科の診察

幼児は肌トラブルになることも多く、大人とは違ってすぐに治らないこともあります。

肌が荒れていても、実は多くの人が「放っておけば治るだろう」と思ってしまいます。

確かに大人であれば、放っておいても治ることが大半ですよね。

しかし、幼児は大人のように回復力が強くはないので、場合によっては長引くことも。

ずっと肌荒れしている状態で放置するというのは、厳しい言い方ですが親失格です。

子供はどんな些細なことでも、それが大きな病気に繋がってくることもあります。

肌荒れだけならそこまで重篤化することはありませんが、それでも放置しておけば、肌に残ってしまって、最悪の場合は一生ものの跡になることもあるかもしれません。

何より肌荒れしているのに、ずっと放置しておくというのはNGです。

子供にとっては治療が最優先ということを忘れないようにしてくださいね。

そうすることによって、より子供も安心できます。

子供の肌に関する問題があるなら、小児科に対応している皮膚科で診察してもらいましょう。

幼児の皮膚は敏感

幼児の皮膚というのは、思っている以上に敏感です。

それこそ乾燥する時期にはとても乾燥してしまうし、湿気が多い時期には湿気を含むような構造となっているのです。

大人にとってはその構造がとても羨ましくなるほどに、とてもデリケートと言えます。

診察を受ける時には、小児科に慣れている医師に相談することが必要となります。

専門医であれば、子供に触れずとも症状を見て判断することもできるでしょう。

まずはその点も含めて、皮膚科を受診するようにしてみてください。

幼児は病院を嫌がって暴れることもあるので、それらの対応にも慣れている医師や看護師がいる病院を選んでいくと安心なのではないでしょうか。

幼児であっても皮膚科を受診することはできるので、まずは最寄りの皮膚科を見つけてみてください。

皮膚科かどうかの判断

子供の症状というのは、大人にはあまり判断できないということもあります。

肌が荒れているように見えても、実はただ擦れて赤くなっているだけかもしれません。

また、風邪を引いていて頬が赤くなっているということもあるかもしれません。

これらの判断というのは、実は意外と難しかったりします。

そのため、皮膚科に相談してダメだと思った時には、他の診療科目も受診してください。

医師とは言っても完ぺきではないので、幼児のための皮膚科として設置されてあるところを選ぶなど、工夫が必要となってきます。

乳児のしっしんの症状と治療

乳児の肌はとてもデリケート

大人の肌荒れと乳児の肌荒れは、そのレベルも各段に違ってきます。

大人の肌荒れであれば、ある程度は自然治癒力で治っていくことがほとんどですよね。

しかし、乳児のような子供の場合は、そもそも肌がとても弱いので修復も難しいです。

そのため、大人のようにはならず、肌がそのまま荒れ続けてしまうこともあります。

乳児の肌荒れが長時間続くと、その負担はとても大きくなってしまいます。
Click≫ 『乳児のしっしんの症状と治療』

子供の皮膚科の診察内容

子供の皮膚病の原因

子供は思わぬところで皮膚病になってしまうことがあります。
大人と違って子供は皮膚がとても柔らかく敏感なため、実はとてもデリケートです。
子供とは言っても小学生や中学生なのか、高校生や大学生なのかでも変わってきます。
はたまた乳児や幼児なのかでも違ってくるので、一概に判断することはできません。
ただ、皮膚病の原因の多くはライフスタイルにあります。
例えば、子供の皮膚病として定番となっているニキビも同様ですね。
特に思春期になるとできるニキビは、誰もが「思春期だから仕方ない」と思っています。
しかし、それではなぜできる人とできない人がいるのでしょうか。
体質の問題もありますが、その多くは生活習慣が深く関係しています。
乳児や幼児だと発疹や湿疹などができることもありますが、これも生活習慣によるものです。
Click≫ 『子供の皮膚科の診察内容』

アレルギー性敏感肌

アレルギー性敏感肌

敏感肌でお悩みの方もおられるでしょう。
子供のお肌にそれが起きたりすると親御さんとしても心配ですよね。
この敏感肌の原因は何なのかも症状を改善するために知っておきたいポイントとなるでしょうが、アレルギー性の症状となることもあるのでしょうか?
子供がアレルギー体質だったりすると、それが原因で敏感肌になるといったこともあるように思えるでしょう。
Click≫ 『アレルギー性敏感肌』

アレルギーの相談

アレルギーの相談

アレルギーの症状は鼻水などだけではありません。
お肌に現れる症状として、特定のアレルゲンに触れることでお肌が赤くなる、かゆくなるなどの症状が出る場合もあります。
子どものお肌にアレルギーかなと思う症状が出ている場合、今出ている症状の治療のほか、アレルギーが出ないような生活方法など、いろいろと相談したいこともありますよね。
このときには病院を利用するといいです。
今アレルギーの可能性もある症状が出ている場合はその診察や治療をしてもらえますし、そのほかにアレルギーを調べたり、生活上の注意点を指導してもらえたりと、子供のお肌を健康に保つために必要なことをいろいろと相談できますよ。
定期的にアレルギーのような症状が出ているときは一度病院を利用してみるといいでしょう。
Click≫ 『アレルギーの相談』

非ステロイドの薬はある?

非ステロイドの薬について

ステロイドは皮膚科でよく処方される薬となりますが、ステロイドの副作用についてのうわさはよく聞かれますよね。
できれば非ステロイドの薬がいい方もおられるでしょう。
そのような薬もあります。
実際にステロイドが処方されるかどうかはその症状にもよります。
もとからステロイドの処方が適さない症状の場合、処方薬は非ステロイドとなりますね。
Click≫ 『非ステロイドの薬はある?』

じんましんの改善

じんましんの改善

子どものお肌に急にじんましんが出ることもありますが、とにかく早く治してあげたいですよね。
腫れ、赤み、かゆみなどじんましんの症状の改善ですが、基本的に皮膚科で対応できます。
小さいお子さんなら小児科でもOKです。
これら病院を受診すればじんましんに効く薬を処方してもらえます。
それでひとまずじんましんの症状については改善できます。

処方される薬は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬になることが多いですね。
これらを飲むとじんましんを引き起こしているヒスタミンという物質を抑えられるため、じんましんの症状が改善します。
急に現れたじんましんの症状もこのように皮膚科を受診すれば改善できるため、早く治してあげたいときなど受診を考えるといいです。
なお、じんましんはショック症状の一つとして出ることもあり、呼吸困難など別の症状が一緒に出ている場合、皮膚科や小児科よりも救急外来がおすすめとなります。
緊急性が高いと判断したら救急車も利用してください。

定期的に出るじんましんの改善はできる?

じんましんは一過性の症状もよくあり、それらは一度皮膚科などで薬をもらえばきれいに症状が改善し、再発しないことも多いです。
もともとじんましんは自然に治ることも多く、病院に行かなくても時間経過で自然に改善していく場合も多いのです。
しかし慢性のじんましんもあり、こちらの場合は何らかのきっかけがあるとその都度じんましんが現れるため、一過性のものよりも病院の治療を必要とすることが多いですね。

これらも改善はできるのかというと、やはり病院で治療を受けることで症状は抑えられることが多いです。
ただ、じんましんが現れやすいというその体質を治せるかというとすぐには難しいことが多く、医師と相談しながら治療を根気よく続ける必要がある場合が多いです。
そのように通院することで次第にじんましんが出にくくなる場合はありますから、このときも一度皮膚科などで相談してみるといいでしょう。

新宿の皮膚科について

じんましんの改善のために利用できる新宿の皮膚科について、急ぐ場合は新宿駅西口近くの病院など便利です。
西口から徒歩一分と非常に利用しやすいですし、待ち時間が短いとして評判の病院ですから、時間のない中でも利用できます。
急ぎで一度病院を受診したいならこちらがおすすめです。
子供の診察にも向いている病院がよければ、新宿駅の南口近くの皮膚科がおすすめです。
小児皮膚科もやっている病院ですから、お子さんの診察も受けやすいですよ。

湿疹の薬

湿疹の薬ってどんなもの?

湿疹はよくあるトラブルで、子供のお肌に出ることもあります。
かゆみをともなうことも多いですし、実際にかくと悪化することも多いですから、治すためには皮膚科の受診が必要になることも多いです。
このときにどんな薬が出るのか、気になる方もおられるでしょう。
湿疹の薬についてご紹介します。
Click≫ 『湿疹の薬』

湿疹の治療

湿疹が出たときは

子供に肌トラブルが起きたときは親御さんの方でケアが必要になりますよね。
よくある肌トラブルは湿疹です。
お肌にぶつぶつができ、さらに赤みがでたり、かゆみが出たりと、つらいトラブルになりがちです。
このようなかゆみはあまりかきすぎない方がいいのですが、子供の場合はかゆみが出ると強くかいてしまう場合も多く、症状が悪化することもよくあります。
子供の湿疹に気づいたら早めに治療を考えたいですね。

その治療は皮膚科でできますし、小さい子供の場合は小児科でもOKです。
どちらでも湿疹の治療ができますから、どちらを選んでも問題はありません。
受診すると医師が患部を確認し、湿疹に効く塗り薬などを出してくれます。
子供がかゆみを我慢できずに強くかいてしまうときなど、かゆみ止めの飲み薬など出してもらうと、親御さんが目を離しても患部をあまりかかなくなり、症状が改善しやすくなりますよ。
症状が悪化してからの受診よりは、早く受診したときの方が治りも早くなります。
子供の湿疹に気づいたら早めに受診するといいでしょう。

新宿にいい皮膚科はある?

新宿の皮膚科で子供の湿疹を診みてもらいたいときはどこがいいでしょうか?
時間がないときに利用しやすいのは新宿駅西口近くの皮膚科です。
駅から徒歩1分という距離ですから、子供を連れている中でも利用しやすい病院です。
こちらの大きな特徴は先生が何人もおり、全員がそれぞれで診察をやっているため、待たされにくいということです。

まだ親の付き添いが必要な子供の受診ではどうしても親の都合もつける必要がありますよね。
こちらの病院なら待たされにくいため、あまり長時間待たされたくない中でも子供の湿疹を先生に診てもらえます。
これまでに何度も子供の湿疹が出ており、欲しい薬もある程度わかっているときなど、こちらの病院でスピーディに診察を受け、薬をもらうという対応もできます。
親の時間がないときなどはこちらの病院は比較的おすすめです。

もう1つ、新宿駅の近くには子供向きの皮膚科があります。
やはり新宿駅のすぐ近くですから、子供を連れている中でも利用しやすい病院です。
こちらの皮膚科は大人向けの一般皮膚科のほか、小児皮膚科もやっている病院ですから、子供の湿疹のためにも利用しやすい病院です。
さらにこちらは土日でも診察を受けられる病院になるため、やはり親の都合がつかずにどうしても土日の受診がいいときなど、こちらの病院が利用しやすいですね。
新宿にはこのような皮膚科もありますから、子供の湿疹で困ったときは利用してみてください。