湿疹の薬 | 子どもの肌トラブル 新宿編

HOME » 肌トラブル » 湿疹の薬

湿疹の薬

湿疹の薬ってどんなもの?

湿疹はよくあるトラブルで、子供のお肌に出ることもあります。
かゆみをともなうことも多いですし、実際にかくと悪化することも多いですから、治すためには皮膚科の受診が必要になることも多いです。
このときにどんな薬が出るのか、気になる方もおられるでしょう。
湿疹の薬についてご紹介します。

ステロイドの塗り薬

アトピーの治療薬として有名なステロイドの塗り薬ですが、湿疹の薬として処方されることもあります。
この薬は炎症を抑える強い作用があるため、湿疹の治療薬としても効果的です。
効果が表れるのも早く、使用を始めるとすぐに湿疹への効果を実感できることも多いですね。

しかし気になるのは副作用のことかもしれません。
ステロイドは副作用が怖いという話を聞いたことがある方も多いでしょう。
これについて、もちろん副作用がないわけではありませんが、湿疹のための塗り薬として使う際には全身に副作用が現れるといった心配はほとんどないと言われています。

また、これらステロイドの塗り薬は病院で処方されることが多いですが、医師はもちろん副作用のことを考えて処方しています。
医師の処方した薬を指示通りに使う限りは問題ない場合が多く、症状を早く抑えられる便利な塗り薬となることが多いですから、こちらの使用も考えてみるといいです。
副作用が気になる方は医師とよく相談してみてください。

非ステロイドの塗り薬

ステロイドではない塗り薬もあり、こちらも湿疹の薬として使われますが、効果はステロイドの薬に劣ります。
ステロイドは炎症が起こるメカニズムそのものを抑えているのですが、こちらの薬は炎症を抑えるだけの効果となり、ステロイドほど強力には症状を抑えられないのです。

そのためやや穏やかな効果となりますが、ステロイドのような副作用がない場合も多く、ステロイドの使用が適さない部位にはこの薬が使われることがあります。
また、小さい子供は大人ほど長期間のステロイドの使用が推奨されないため、最初からこちらが使われたり、短期間だけステロイドを使用したあと、こちらの薬に切り替えられたりする場合もあります。

飲み薬

湿疹の薬として飲み薬が処方されることもあります。
これが処方されるのはたとえばかゆみが強い場合です。
塗り薬を塗るものの、かゆみが強くて患部をかいてしまい、そのせいで悪化し続けている症状など、このような飲み薬が併用されることがあります。
また、患部の傷口が化膿しているなど、細菌の感染の可能性がある場合、抗生物質の飲み薬が使われる場合もありますね。
このように湿疹にはいろいろな薬が使われます。