子どもの肌トラブル | 子どもの肌トラブル 新宿編

HOME » 肌トラブル » 子どもの肌トラブル

子どもの肌トラブル

子どもはなかなかSOSを上手に伝えることが出来ません。
特に小さなお子様にとって、なんか変だなと思う事があっても、泣いて何となくぐずぐずしていたり、痛いや痒いがまだあいまいであったりしてなかなかその異変に気が付きにくいものです。
また子どもの肌トラブルで一番大変なことが、なかなかまだ我慢をするのが難しい時期であることです。
例えば掻いてしまうとひどくなってしまう皮膚疾患、しかし子供は痒いときはどうしても掻いてしまいます。
するとそこから雑菌が広まってしまうと膿んでしまったり2次感染が起きてしまうのです。

子どもの肌トラブルの中ではアトピー性皮膚炎や、おむつかぶれ、ウイルス性の皮膚疾患などがあります。
まだ免疫力も少ない子どもは様ざまなウイルスに感染してしまいます。
集団生活が始まる保育園幼稚園の頃は、子どもたちはたくさんのウイルス性の病気にかかります。
そうしていろいろな免疫を付けていくのです。

ここで子どもにとって痒かったり痛かったりすることはとってもストレスです。
大人でもなかなか我慢することは難しく、どうしても患部を触ってしまったりするのですから、子どもとなれば痒かったら掻いてしまうのは仕方がない事です。
ですのでなるべく症状を緩和してあげることが必要になります。

子どものお肌トラブルでよくある疾患をいくつかまとめてみましょう。
アトピー性皮膚炎。
アトピー性皮膚炎は両親のどちらかがアトピー性皮膚炎だったという場合が多く、体質が似ているためどうしてもアトピー性皮膚炎が受け継がれてしまうようです。
その要因となるアレルゲン物質を出来る限り取り除いてあげることが重要です。
例えばダニほこりなどのハウスダストや体を洗う石鹸や衣類を洗う洗剤などを気を付けてあげることもアトピー性皮膚炎の緩和につながります。
また保湿をしてしっかりとお薬を塗ってあげることでできる限り痒みから解放してあげることが好ましいです。

おむつかぶれ。
梅雨の時期から夏にかけてはおむつの中がじめじめしてしまいおむつかぶれが出来てしまいます。
なるべく患部をきれいにしてあげ、しっかりとお薬を塗って治療してあげましょう。

水いぼ。
プールの時期になると流行り出すのが水いぼです。
ウイルス性のイボで他人にうつってしまうため、幼稚園や小学校など、小さな子どもの中で流行します。
皮膚科で潰して治療をするかお薬を塗って枯れるのを待ちます。

子どものSOSを上手に察して、ケアをしてあげましょう。