子どものアトピー治療 | 子どもの肌トラブル 新宿編

HOME » 肌トラブル » 子どものアトピー治療

子どものアトピー治療

子どものアトピー治療は長いお付き合いになることが多く、また幼い子供の場合、痒みや痛みが我慢できず、掻きむしってひどくなってしまったり、また血がにじむほどの皮膚の状態にしばしばなってしまいます。
そんなアトピー性皮膚炎の原因と、治療法などについてまとめてみました。

アトピー性皮膚炎の患者数が近年増えております。
その中でも子供のアトピー性皮膚炎が増えており、日本では約1割の人がアトピー性皮膚炎というほど、多くの人々が悩ませられている疾患です。
アトピー性皮膚炎は乳幼児期から発症することが多く、成長とともに緩和していく傾向にあります。
しかし大人になってもアトピーとお付き合いをしていく方もいらっしゃるのが現状です。

アトピー性皮膚炎はひじの内側や手の関節の柔らかい内側などに湿疹がでてきます。
かゆみを伴うため掻いてしまうと、柔らかい皮膚に傷が出来てしまい、血がにじんでしまいます。
またお顔に出る湿疹は特に痒みが強く左右どちらかに強く出る傾向があります。
また目の周りや口の周りに出てしまう時は治療が難航します。
特に目の周りは合併症を起こすことがある為注意が必要です。

アトピー性皮膚炎は両親のどちらかがアトピー性皮膚炎の場合体質が似ていることから発症している確率が多いようです。
かといって必ずしもアトピー性皮膚炎の親御さんからアトピーの子が生まれるという事ではございません。
アトピー性皮膚炎はアレルゲン物質が過剰反応して起こります。
アレルゲンになり得るものとして、食品は卵や乳製品、小麦など、またナッツ類などがあげられます。
また住環境では、ダニほこり等のハウスダスト、花粉などが影響します。
アトピー性皮膚炎の子どもは住環境を整え、アレルゲン物質を出来るだけ抑えることが重要です。

アトピー治療は皮膚科の医師とコミュニケーションをとり、経過とともに治療をしていきます。
長いお付き合いとなりますので、かかりつけの皮膚科を決めておくと良いと思います。
季節によりアトピーの症状も変わってきたりしますので、皮膚科の医師とご両親、お子様と一緒にしっかりとケアをして治療をすることが大切です。
またアトピーの治療は様々な治療法がございます。
漢方を使った治療や西洋医学を使った治療、またその混合など、医師としっかり計画を立てて途中で中途半端にしないように経過観察をしながら治療をします。
しっかり治療をすることで症状の緩和が期待できます。