子供のお肌トラブル | 子どもの肌トラブル 新宿編

子供のお肌トラブル

子供のお肌のトラブルは、早めに気が付いてあげる事が大切です。
特に小さな子供は、自分の体のどこかに異変があっても、上手に説明が出来なく、また子供も何となく変というくらいしか分かりません。
ですので、親御さんが早めに気が付いてあげることが必要になります。

▼ 目次

子どもの肌トラブルは皮膚科へ

お肌のトラブルは新生児から始まります。
新生児や乳幼児期のお肌トラブルといえば、おむつかぶれがあります。
おむつかぶれは、特に梅雨時期から夏の蒸し暑い時期にはひどくなってしまう子が多いです。
また子供は肌がまだ未熟です。
大人に比べると皮膚が薄く、日焼けなどにも敏感に反応してしまいます。
しっかりとしたケアがまだまだ未熟な乳幼児期には大切になります。

乳児期には母親からの免疫を持っている赤ちゃんですが、幼児になると次第にその免疫が薄くなり、また幼稚園や保育園などでの集団生活が始まりますと、様々な感染症にかかります。
感染症には色々な感染症があります。
新宿にある皮膚科で子供の感染症についてお話を伺いました。

子供の皮膚の感染症は特に梅雨時期から夏にかけて頻発するようです。
特にプール遊びが始まると、さらにその感染が広まってしまう事があるようです。
子供の皮膚トラブルでは、感染症で時には高熱を伴う事もある水ぼうそうは出席停止になり、水泡が乾くまでは出席が出来ません。
またウイルス性で移るものの出席停止にはならない疾患もたくさんございます。
その中でも夏場の水いぼは体に複数できてしまい皮膚科での治療が必要になります。
またとびひもこの時期に流行る皮膚疾患です。
とびひという名前の通り、その患部を触った手でほかの箇所を触ることで移ってしまったりするためなかなかケアが大変です。
また子供なので掻いてしまったりしてしまわないように気を付ける必要があります。

またアレルギーがひどいお子さんの場合アトピー性皮膚炎の治療をされます。
このアトピー性皮膚炎は乾燥しないように保湿剤などでケアしてあげること、またアレルゲン物質をなるべく除去する事(ダニハウスダスト等)が必要です。
小さなお子様の場合痒くて掻いてしまうとそこから雑菌が繁殖してしまい、症状がひどくなってしまいます。
特に体温が上がることで痒みを感じるお子様が多いため、入浴後のケアが大切です。
また寝付くタイミングでも非常に痒がりますのでなるべく掻かない用に痒みを軽減させてあげるようなサポートをしてあげる必要があります。

思春期以降も皮膚トラブルは皮膚科へ

思春期の頃になると、また新たなお肌のトラブルが発生します。
ニキビです。
成長過程において油分が非常に多く出やすい年齢の思春期の頃は、お顔のTゾーンを中心にニキビが発生します。
中には膿んでしまったり、ひどくなってしまう場合もあります。

年齢関係なくある皮膚疾患では、ウイルス性のイボや魚の目など、また日焼けによるお肌のトラブルもしっかりとした治療が必要です。
魚の目やタコ、イボと似ておりますが、ウイルス性のイボは厄介です。
人にも移してしまいますのでケアが大切になります。
魚の目やタコは一か所に力がかかる事によりできてしまうのですが、魚の目は芯が神経に向かっているため痛みを伴う事が多いので早めに治療をしてあげましょう。

子供のお肌のトラブルは年齢が上がってくれば本人がわかるようになりますが、まだ小さいうちは、なんだか機嫌が悪い、泣き止まないなどそんなサインしか出すことが出来ません。
そこから、どこが調子が悪いのか探ってあげることが必要になります。

新宿の皮膚科の病院は子供も通いやすい

また新宿の皮膚科のクリニックにはたくさんのお子様が通われておりました。
いつも通う皮膚科を決めてかかりつけ医としておくと良いでしょう。
小さなお子様の場合、病院が怖いところと思うお子様が多いです。
ですのでいつもの先生、いつもの看護師さん、いつものクリニックという環境を作ってあげることで、嫌がらずに通院することが出来ます。
また先生とのコミュニケーションや信頼関係が築けていると、お母さんやお父さんも安心して色々と相談できるという事も良いですね。
特にお子様の場合は、いろいろな病院に行くのではなく、かかりつけ医に通院すると、今までの経過と照らし合わせて診断していただけるので、少しの変化にも気が付いてあげることもできるようになります。

また子供の皮膚科選びは、先生との相性やクリニックの雰囲気、キッズスペースがある絵本が多いなども重要な選ぶ基準となります。
また人気の皮膚科の場合は待ち時間もありますので、どのくらいの滞在時間で治療が出来るかなど、またアクセスの良さや車で行く方は駐車場の有無なども先に調べておくと良いでしょう。

大人も子供もお肌のトラブルは長い付き合いになってしまう事が多いです。
お肌のトラブルは辛いかゆみを伴ったり、また膿んでしまったりすることもございますので、なるべく早めに専門の先生に診ていただくことをおすすめします。
特に小さなお子様の場合は、保護者が気が付いてあげることが必要になってくるので少しの変化にも気をつけてあげましょう。

新着情報

アレルギーの相談

アレルギーの相談

アレルギーの症状は鼻水などだけではありません。
お肌に現れる症状として、特定のアレルゲンに触れることでお肌が赤くなる、かゆくなるなどの症状が出る場合もあります。
子どものお肌にアレルギーかなと思う症状が出ている場合、今出ている症状の治療のほか、アレルギーが出ないような生活方法など、いろいろと相談したいこともありますよね。
このときには病院を利用するといいです。
今アレルギーの可能性もある症状が出ている場合はその診察や治療をしてもらえますし、そのほかにアレルギーを調べたり、生活上の注意点を指導してもらえたりと、子供のお肌を健康に保つために必要なことをいろいろと相談できますよ。
定期的にアレルギーのような症状が出ているときは一度病院を利用してみるといいでしょう。
Click≫ 『アレルギーの相談』

非ステロイドの薬はある?

非ステロイドの薬について

ステロイドは皮膚科でよく処方される薬となりますが、ステロイドの副作用についてのうわさはよく聞かれますよね。
できれば非ステロイドの薬がいい方もおられるでしょう。
そのような薬もあります。
実際にステロイドが処方されるかどうかはその症状にもよります。
もとからステロイドの処方が適さない症状の場合、処方薬は非ステロイドとなりますね。
Click≫ 『非ステロイドの薬はある?』

じんましんの改善

じんましんの改善

子どものお肌に急にじんましんが出ることもありますが、とにかく早く治してあげたいですよね。
腫れ、赤み、かゆみなどじんましんの症状の改善ですが、基本的に皮膚科で対応できます。
小さいお子さんなら小児科でもOKです。
これら病院を受診すればじんましんに効く薬を処方してもらえます。
それでひとまずじんましんの症状については改善できます。

処方される薬は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬になることが多いですね。
これらを飲むとじんましんを引き起こしているヒスタミンという物質を抑えられるため、じんましんの症状が改善します。
急に現れたじんましんの症状もこのように皮膚科を受診すれば改善できるため、早く治してあげたいときなど受診を考えるといいです。
なお、じんましんはショック症状の一つとして出ることもあり、呼吸困難など別の症状が一緒に出ている場合、皮膚科や小児科よりも救急外来がおすすめとなります。
緊急性が高いと判断したら救急車も利用してください。

定期的に出るじんましんの改善はできる?

じんましんは一過性の症状もよくあり、それらは一度皮膚科などで薬をもらえばきれいに症状が改善し、再発しないことも多いです。
もともとじんましんは自然に治ることも多く、病院に行かなくても時間経過で自然に改善していく場合も多いのです。
しかし慢性のじんましんもあり、こちらの場合は何らかのきっかけがあるとその都度じんましんが現れるため、一過性のものよりも病院の治療を必要とすることが多いですね。

これらも改善はできるのかというと、やはり病院で治療を受けることで症状は抑えられることが多いです。
ただ、じんましんが現れやすいというその体質を治せるかというとすぐには難しいことが多く、医師と相談しながら治療を根気よく続ける必要がある場合が多いです。
そのように通院することで次第にじんましんが出にくくなる場合はありますから、このときも一度皮膚科などで相談してみるといいでしょう。

新宿の皮膚科について

じんましんの改善のために利用できる新宿の皮膚科について、急ぐ場合は新宿駅西口近くの病院など便利です。
西口から徒歩一分と非常に利用しやすいですし、待ち時間が短いとして評判の病院ですから、時間のない中でも利用できます。
急ぎで一度病院を受診したいならこちらがおすすめです。
子供の診察にも向いている病院がよければ、新宿駅の南口近くの皮膚科がおすすめです。
小児皮膚科もやっている病院ですから、お子さんの診察も受けやすいですよ。

湿疹の薬

湿疹の薬ってどんなもの?

湿疹はよくあるトラブルで、子供のお肌に出ることもあります。
かゆみをともなうことも多いですし、実際にかくと悪化することも多いですから、治すためには皮膚科の受診が必要になることも多いです。
このときにどんな薬が出るのか、気になる方もおられるでしょう。
湿疹の薬についてご紹介します。
Click≫ 『湿疹の薬』

湿疹の治療

湿疹が出たときは

子供に肌トラブルが起きたときは親御さんの方でケアが必要になりますよね。
よくある肌トラブルは湿疹です。
お肌にぶつぶつができ、さらに赤みがでたり、かゆみが出たりと、つらいトラブルになりがちです。
このようなかゆみはあまりかきすぎない方がいいのですが、子供の場合はかゆみが出ると強くかいてしまう場合も多く、症状が悪化することもよくあります。
子供の湿疹に気づいたら早めに治療を考えたいですね。

その治療は皮膚科でできますし、小さい子供の場合は小児科でもOKです。
どちらでも湿疹の治療ができますから、どちらを選んでも問題はありません。
受診すると医師が患部を確認し、湿疹に効く塗り薬などを出してくれます。
子供がかゆみを我慢できずに強くかいてしまうときなど、かゆみ止めの飲み薬など出してもらうと、親御さんが目を離しても患部をあまりかかなくなり、症状が改善しやすくなりますよ。
症状が悪化してからの受診よりは、早く受診したときの方が治りも早くなります。
子供の湿疹に気づいたら早めに受診するといいでしょう。

新宿にいい皮膚科はある?

新宿の皮膚科で子供の湿疹を診みてもらいたいときはどこがいいでしょうか?
時間がないときに利用しやすいのは新宿駅西口近くの皮膚科です。
駅から徒歩1分という距離ですから、子供を連れている中でも利用しやすい病院です。
こちらの大きな特徴は先生が何人もおり、全員がそれぞれで診察をやっているため、待たされにくいということです。

まだ親の付き添いが必要な子供の受診ではどうしても親の都合もつける必要がありますよね。
こちらの病院なら待たされにくいため、あまり長時間待たされたくない中でも子供の湿疹を先生に診てもらえます。
これまでに何度も子供の湿疹が出ており、欲しい薬もある程度わかっているときなど、こちらの病院でスピーディに診察を受け、薬をもらうという対応もできます。
親の時間がないときなどはこちらの病院は比較的おすすめです。

もう1つ、新宿駅の近くには子供向きの皮膚科があります。
やはり新宿駅のすぐ近くですから、子供を連れている中でも利用しやすい病院です。
こちらの皮膚科は大人向けの一般皮膚科のほか、小児皮膚科もやっている病院ですから、子供の湿疹のためにも利用しやすい病院です。
さらにこちらは土日でも診察を受けられる病院になるため、やはり親の都合がつかずにどうしても土日の受診がいいときなど、こちらの病院が利用しやすいですね。
新宿にはこのような皮膚科もありますから、子供の湿疹で困ったときは利用してみてください。