子供のお肌トラブル | 子どもの肌トラブル 新宿編

子供のお肌トラブル

子供のお肌のトラブルは、早めに気が付いてあげる事が大切です。
特に小さな子供は、自分の体のどこかに異変があっても、上手に説明が出来なく、また子供も何となく変というくらいしか分かりません。
ですので、親御さんが早めに気が付いてあげることが必要になります。

▼ 目次

子どもの肌トラブルは皮膚科へ

お肌のトラブルは新生児から始まります。
新生児や乳幼児期のお肌トラブルといえば、おむつかぶれがあります。
おむつかぶれは、特に梅雨時期から夏の蒸し暑い時期にはひどくなってしまう子が多いです。
また子供は肌がまだ未熟です。
大人に比べると皮膚が薄く、日焼けなどにも敏感に反応してしまいます。
しっかりとしたケアがまだまだ未熟な乳幼児期には大切になります。

乳児期には母親からの免疫を持っている赤ちゃんですが、幼児になると次第にその免疫が薄くなり、また幼稚園や保育園などでの集団生活が始まりますと、様々な感染症にかかります。
感染症には色々な感染症があります。
新宿にある皮膚科で子供の感染症についてお話を伺いました。

子供の皮膚の感染症は特に梅雨時期から夏にかけて頻発するようです。
特にプール遊びが始まると、さらにその感染が広まってしまう事があるようです。
子供の皮膚トラブルでは、感染症で時には高熱を伴う事もある水ぼうそうは出席停止になり、水泡が乾くまでは出席が出来ません。
またウイルス性で移るものの出席停止にはならない疾患もたくさんございます。
その中でも夏場の水いぼは体に複数できてしまい皮膚科での治療が必要になります。
またとびひもこの時期に流行る皮膚疾患です。
とびひという名前の通り、その患部を触った手でほかの箇所を触ることで移ってしまったりするためなかなかケアが大変です。
また子供なので掻いてしまったりしてしまわないように気を付ける必要があります。

またアレルギーがひどいお子さんの場合アトピー性皮膚炎の治療をされます。
このアトピー性皮膚炎は乾燥しないように保湿剤などでケアしてあげること、またアレルゲン物質をなるべく除去する事(ダニハウスダスト等)が必要です。
小さなお子様の場合痒くて掻いてしまうとそこから雑菌が繁殖してしまい、症状がひどくなってしまいます。
特に体温が上がることで痒みを感じるお子様が多いため、入浴後のケアが大切です。
また寝付くタイミングでも非常に痒がりますのでなるべく掻かない用に痒みを軽減させてあげるようなサポートをしてあげる必要があります。

思春期以降も皮膚トラブルは皮膚科へ

思春期の頃になると、また新たなお肌のトラブルが発生します。
ニキビです。
成長過程において油分が非常に多く出やすい年齢の思春期の頃は、お顔のTゾーンを中心にニキビが発生します。
中には膿んでしまったり、ひどくなってしまう場合もあります。

年齢関係なくある皮膚疾患では、ウイルス性のイボや魚の目など、また日焼けによるお肌のトラブルもしっかりとした治療が必要です。
魚の目やタコ、イボと似ておりますが、ウイルス性のイボは厄介です。
人にも移してしまいますのでケアが大切になります。
魚の目やタコは一か所に力がかかる事によりできてしまうのですが、魚の目は芯が神経に向かっているため痛みを伴う事が多いので早めに治療をしてあげましょう。

子供のお肌のトラブルは年齢が上がってくれば本人がわかるようになりますが、まだ小さいうちは、なんだか機嫌が悪い、泣き止まないなどそんなサインしか出すことが出来ません。
そこから、どこが調子が悪いのか探ってあげることが必要になります。

新宿の皮膚科の病院は子供も通いやすい

また新宿の皮膚科のクリニックにはたくさんのお子様が通われておりました。
いつも通う皮膚科を決めてかかりつけ医としておくと良いでしょう。
小さなお子様の場合、病院が怖いところと思うお子様が多いです。
ですのでいつもの先生、いつもの看護師さん、いつものクリニックという環境を作ってあげることで、嫌がらずに通院することが出来ます。
また先生とのコミュニケーションや信頼関係が築けていると、お母さんやお父さんも安心して色々と相談できるという事も良いですね。
特にお子様の場合は、いろいろな病院に行くのではなく、かかりつけ医に通院すると、今までの経過と照らし合わせて診断していただけるので、少しの変化にも気が付いてあげることもできるようになります。

また子供の皮膚科選びは、先生との相性やクリニックの雰囲気、キッズスペースがある絵本が多いなども重要な選ぶ基準となります。
また人気の皮膚科の場合は待ち時間もありますので、どのくらいの滞在時間で治療が出来るかなど、またアクセスの良さや車で行く方は駐車場の有無なども先に調べておくと良いでしょう。

大人も子供もお肌のトラブルは長い付き合いになってしまう事が多いです。
お肌のトラブルは辛いかゆみを伴ったり、また膿んでしまったりすることもございますので、なるべく早めに専門の先生に診ていただくことをおすすめします。
特に小さなお子様の場合は、保護者が気が付いてあげることが必要になってくるので少しの変化にも気をつけてあげましょう。

新着情報

幼児の皮膚科の診察と治療

幼児の皮膚科の診察

幼児は肌トラブルになることも多く、大人とは違ってすぐに治らないこともあります。

肌が荒れていても、実は多くの人が「放っておけば治るだろう」と思ってしまいます。

確かに大人であれば、放っておいても治ることが大半ですよね。

しかし、幼児は大人のように回復力が強くはないので、場合によっては長引くことも。

ずっと肌荒れしている状態で放置するというのは、厳しい言い方ですが親失格です。

子供はどんな些細なことでも、それが大きな病気に繋がってくることもあります。

肌荒れだけならそこまで重篤化することはありませんが、それでも放置しておけば、肌に残ってしまって、最悪の場合は一生ものの跡になることもあるかもしれません。

何より肌荒れしているのに、ずっと放置しておくというのはNGです。

子供にとっては治療が最優先ということを忘れないようにしてくださいね。

そうすることによって、より子供も安心できます。

子供の肌に関する問題があるなら、小児科に対応している皮膚科で診察してもらいましょう。

幼児の皮膚は敏感

幼児の皮膚というのは、思っている以上に敏感です。

それこそ乾燥する時期にはとても乾燥してしまうし、湿気が多い時期には湿気を含むような構造となっているのです。

大人にとってはその構造がとても羨ましくなるほどに、とてもデリケートと言えます。

診察を受ける時には、小児科に慣れている医師に相談することが必要となります。

専門医であれば、子供に触れずとも症状を見て判断することもできるでしょう。

まずはその点も含めて、皮膚科を受診するようにしてみてください。

幼児は病院を嫌がって暴れることもあるので、それらの対応にも慣れている医師や看護師がいる病院を選んでいくと安心なのではないでしょうか。

幼児であっても皮膚科を受診することはできるので、まずは最寄りの皮膚科を見つけてみてください。

皮膚科かどうかの判断

子供の症状というのは、大人にはあまり判断できないということもあります。

肌が荒れているように見えても、実はただ擦れて赤くなっているだけかもしれません。

また、風邪を引いていて頬が赤くなっているということもあるかもしれません。

これらの判断というのは、実は意外と難しかったりします。

そのため、皮膚科に相談してダメだと思った時には、他の診療科目も受診してください。

医師とは言っても完ぺきではないので、幼児のための皮膚科として設置されてあるところを選ぶなど、工夫が必要となってきます。

乳児のしっしんの症状と治療

乳児の肌はとてもデリケート

大人の肌荒れと乳児の肌荒れは、そのレベルも各段に違ってきます。

大人の肌荒れであれば、ある程度は自然治癒力で治っていくことがほとんどですよね。

しかし、乳児のような子供の場合は、そもそも肌がとても弱いので修復も難しいです。

そのため、大人のようにはならず、肌がそのまま荒れ続けてしまうこともあります。

乳児の肌荒れが長時間続くと、その負担はとても大きくなってしまいます。
Click≫ 『乳児のしっしんの症状と治療』

子供の皮膚科の診察内容

子供の皮膚病の原因

子供は思わぬところで皮膚病になってしまうことがあります。
大人と違って子供は皮膚がとても柔らかく敏感なため、実はとてもデリケートです。
子供とは言っても小学生や中学生なのか、高校生や大学生なのかでも変わってきます。
はたまた乳児や幼児なのかでも違ってくるので、一概に判断することはできません。
ただ、皮膚病の原因の多くはライフスタイルにあります。
例えば、子供の皮膚病として定番となっているニキビも同様ですね。
特に思春期になるとできるニキビは、誰もが「思春期だから仕方ない」と思っています。
しかし、それではなぜできる人とできない人がいるのでしょうか。
体質の問題もありますが、その多くは生活習慣が深く関係しています。
乳児や幼児だと発疹や湿疹などができることもありますが、これも生活習慣によるものです。
Click≫ 『子供の皮膚科の診察内容』

アレルギー性敏感肌

アレルギー性敏感肌

敏感肌でお悩みの方もおられるでしょう。
子供のお肌にそれが起きたりすると親御さんとしても心配ですよね。
この敏感肌の原因は何なのかも症状を改善するために知っておきたいポイントとなるでしょうが、アレルギー性の症状となることもあるのでしょうか?
子供がアレルギー体質だったりすると、それが原因で敏感肌になるといったこともあるように思えるでしょう。
Click≫ 『アレルギー性敏感肌』

アレルギーの相談

アレルギーの相談

アレルギーの症状は鼻水などだけではありません。
お肌に現れる症状として、特定のアレルゲンに触れることでお肌が赤くなる、かゆくなるなどの症状が出る場合もあります。
子どものお肌にアレルギーかなと思う症状が出ている場合、今出ている症状の治療のほか、アレルギーが出ないような生活方法など、いろいろと相談したいこともありますよね。
このときには病院を利用するといいです。
今アレルギーの可能性もある症状が出ている場合はその診察や治療をしてもらえますし、そのほかにアレルギーを調べたり、生活上の注意点を指導してもらえたりと、子供のお肌を健康に保つために必要なことをいろいろと相談できますよ。
定期的にアレルギーのような症状が出ているときは一度病院を利用してみるといいでしょう。
Click≫ 『アレルギーの相談』