子供のお肌トラブル | 子どもの肌トラブル 新宿編

子供のお肌トラブル

子供のお肌のトラブルは、早めに気が付いてあげる事が大切です。
特に小さな子供は、自分の体のどこかに異変があっても、上手に説明が出来なく、また子供も何となく変というくらいしか分かりません。
ですので、親御さんが早めに気が付いてあげることが必要になります。

▼ 目次

子どもの肌トラブルは皮膚科へ

お肌のトラブルは新生児から始まります。
新生児や乳幼児期のお肌トラブルといえば、おむつかぶれがあります。
おむつかぶれは、特に梅雨時期から夏の蒸し暑い時期にはひどくなってしまう子が多いです。
また子供は肌がまだ未熟です。
大人に比べると皮膚が薄く、日焼けなどにも敏感に反応してしまいます。
しっかりとしたケアがまだまだ未熟な乳幼児期には大切になります。

乳児期には母親からの免疫を持っている赤ちゃんですが、幼児になると次第にその免疫が薄くなり、また幼稚園や保育園などでの集団生活が始まりますと、様々な感染症にかかります。
感染症には色々な感染症があります。
新宿にある皮膚科で子供の感染症についてお話を伺いました。

子供の皮膚の感染症は特に梅雨時期から夏にかけて頻発するようです。
特にプール遊びが始まると、さらにその感染が広まってしまう事があるようです。
子供の皮膚トラブルでは、感染症で時には高熱を伴う事もある水ぼうそうは出席停止になり、水泡が乾くまでは出席が出来ません。
またウイルス性で移るものの出席停止にはならない疾患もたくさんございます。
その中でも夏場の水いぼは体に複数できてしまい皮膚科での治療が必要になります。
またとびひもこの時期に流行る皮膚疾患です。
とびひという名前の通り、その患部を触った手でほかの箇所を触ることで移ってしまったりするためなかなかケアが大変です。
また子供なので掻いてしまったりしてしまわないように気を付ける必要があります。

またアレルギーがひどいお子さんの場合アトピー性皮膚炎の治療をされます。
このアトピー性皮膚炎は乾燥しないように保湿剤などでケアしてあげること、またアレルゲン物質をなるべく除去する事(ダニハウスダスト等)が必要です。
小さなお子様の場合痒くて掻いてしまうとそこから雑菌が繁殖してしまい、症状がひどくなってしまいます。
特に体温が上がることで痒みを感じるお子様が多いため、入浴後のケアが大切です。
また寝付くタイミングでも非常に痒がりますのでなるべく掻かない用に痒みを軽減させてあげるようなサポートをしてあげる必要があります。

思春期以降も皮膚トラブルは皮膚科へ

思春期の頃になると、また新たなお肌のトラブルが発生します。
ニキビです。
成長過程において油分が非常に多く出やすい年齢の思春期の頃は、お顔のTゾーンを中心にニキビが発生します。
中には膿んでしまったり、ひどくなってしまう場合もあります。

年齢関係なくある皮膚疾患では、ウイルス性のイボや魚の目など、また日焼けによるお肌のトラブルもしっかりとした治療が必要です。
魚の目やタコ、イボと似ておりますが、ウイルス性のイボは厄介です。
人にも移してしまいますのでケアが大切になります。
魚の目やタコは一か所に力がかかる事によりできてしまうのですが、魚の目は芯が神経に向かっているため痛みを伴う事が多いので早めに治療をしてあげましょう。

子供のお肌のトラブルは年齢が上がってくれば本人がわかるようになりますが、まだ小さいうちは、なんだか機嫌が悪い、泣き止まないなどそんなサインしか出すことが出来ません。
そこから、どこが調子が悪いのか探ってあげることが必要になります。

新宿の皮膚科の病院は子供も通いやすい

また新宿の皮膚科のクリニックにはたくさんのお子様が通われておりました。
いつも通う皮膚科を決めてかかりつけ医としておくと良いでしょう。
小さなお子様の場合、病院が怖いところと思うお子様が多いです。
ですのでいつもの先生、いつもの看護師さん、いつものクリニックという環境を作ってあげることで、嫌がらずに通院することが出来ます。
また先生とのコミュニケーションや信頼関係が築けていると、お母さんやお父さんも安心して色々と相談できるという事も良いですね。
特にお子様の場合は、いろいろな病院に行くのではなく、かかりつけ医に通院すると、今までの経過と照らし合わせて診断していただけるので、少しの変化にも気が付いてあげることもできるようになります。

また子供の皮膚科選びは、先生との相性やクリニックの雰囲気、キッズスペースがある絵本が多いなども重要な選ぶ基準となります。
また人気の皮膚科の場合は待ち時間もありますので、どのくらいの滞在時間で治療が出来るかなど、またアクセスの良さや車で行く方は駐車場の有無なども先に調べておくと良いでしょう。

大人も子供もお肌のトラブルは長い付き合いになってしまう事が多いです。
お肌のトラブルは辛いかゆみを伴ったり、また膿んでしまったりすることもございますので、なるべく早めに専門の先生に診ていただくことをおすすめします。
特に小さなお子様の場合は、保護者が気が付いてあげることが必要になってくるので少しの変化にも気をつけてあげましょう。

新着情報

おすすめの病院選び子ども編

子どもの病院選びは皆さんどうしていますか。
大人に比べて子どもは様々な病気にかかります。
特に保育園や幼稚園に行く頃になると、集団生活をすることによって様々なウイルス性疾患が流行します。
そして様ざまな病気にかかり成長をしていくのです。
色々な病気にかかる事で免疫力が付き、子どもは成長していきます。
Click≫ 『おすすめの病院選び子ども編』

子どもの肌トラブル110番

小さな子どものまだ未熟な、そしてバリアが少ない子どもの皮膚は肌トラブルがつきものです。
親御さんは我が子の肌トラブルに、一度は悩まされたことがあるのではないでしょうか。
小さな子どもは、症状を伝えることも難しく、泣いて訴えることが精いっぱいの年の頃もございます。
子どもの肌トラブルは親御さんが早めに気が付いてあげることが重要となります。
Click≫ 『子どもの肌トラブル110番』

大人のアトピー

アトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴いまた皮膚がひどく乾燥してしまうとても辛い皮膚疾患です。
遺伝的な要素が強いと言われているアトピー性皮膚炎は、両親のどちらかがアトピー性皮膚炎の場合はその子供もアトピー性皮膚炎を発症することが多いことも否定できません。
かといってアトピー性皮膚炎の親から必ずしもアトピー性皮膚炎を子供が発症するという事ではありません。
Click≫ 『大人のアトピー』

新宿で子どもを見てもらえる皮膚科

子どものアトピーに悩まされている親御さんはたくさんいらっしゃいます。
アトピー性皮膚炎は強いかゆみがあり、またカサカサしてしまい血がにじんでしまう事もあり、なかなか診ているほうも辛い症状です。
そんな子どものアトピーは小児科で診てもらう?皮膚科で診てもらう?とお悩みの親御さんも多くいらっしゃることでしょう。
というのもアトピー性皮膚炎を分かったのが小児科という方も多いことがあげられます。
Click≫ 『新宿で子どもを見てもらえる皮膚科』

子どものアトピー治療

子どものアトピー治療は長いお付き合いになることが多く、また幼い子供の場合、痒みや痛みが我慢できず、掻きむしってひどくなってしまったり、また血がにじむほどの皮膚の状態にしばしばなってしまいます。
そんなアトピー性皮膚炎の原因と、治療法などについてまとめてみました。
Click≫ 『子どものアトピー治療』